居住形態によって審査が変わる消費者金融

By: pj | Date: 2013年3月30日 | Categories: 未分類

消費者金融の審査の基準のひとつに居住形態があります。居住形態と言うのは、持ち家に住んでいるのか、それとも賃貸に住んでいるのかと言うことです。持ち家に住んでいれば資産があると判断されますから、審査には通りやすいと言う傾向はあるのです。いざというときには資産を売却して返済できる可能性が高くなるからだと言えるでしょう。ただし、住宅ローンを返済している間は、それほど有利になるわけではありません。
賃貸マンションや賃貸アパートに住んでいる人の場合には、少し審査に通りにくいという傾向はあります。賃料を毎月支払っていかなければなりませんから、返済できなくなる可能性が高くなると判断されるのです。
ただ、賃貸に住んでいるから審査に落ちると言うことはないようです。あまり重要ではないのですが、消費者金融が審査をするときの判断基準のひとつにはなります。長く同じところに住んでいれば、賃料を安定して払い続けることができると判断されますから、長いほうが審査には通りやすくなるのです。